骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

孫の声をお届けするには、骨伝導音声増幅器きくちゃんで!

11114a_s.jpg


会話が少なくなったり、何度も聞き返したり、テレビのボリュームを極端に上げるようになったり、高齢者の耳の衰えは随所にあらわれます。

特にかわいい孫やひ孫との会話を楽しみにしていたにも関わらず、それがスムースにいかないというのはショックも大きいでしょう。孫やひ孫の顔が見られるだけで十分とは口では言っても、内心では果たしてどうか、

補聴器を装着すれば問題ないでしょう

そういうセリフは現実を知らない人だから言えることです。
雑音まで強制的に耳に入ってくる補聴器を嫌がる高齢者はたくさんいます。
また、とにかく鬱陶しい、面倒くさい、等々の理由でせっかく高額な補聴器を購入しても装着しない人も多くいます。
視力が低下した人が、メガネやコンタクトレンズを装着するのとは全く異なるのです。

では、孫やひ孫の声をどうやって届けましょうか?

必要なときに手軽に聞こえるようにすれば良いのではないでしょうか。
高額な補聴器ではなく、安い聴覚補助機器ではイヤホンが中心ですが、このイヤホンも嫌がります。
従ってイヤホンを使う方法は現実的ではありません。

つまり、イヤホンのように耳を使わず、
補聴器のように雑音をひろわず、

しかも手軽に使えるものがあれば、これこそベストといえるでしょう。

そんなものがあるのか?

安心してください、
あります。

耳を使わず、集音マイクに指向性のあるもの、それはつまり骨伝導です。

しかし、単なる骨伝導スピーカーでは性能的に不安です。
そこで、米軍採用・特許技術の骨伝導スピーカーを使ったらどうでしょうか?

論より証拠。

ぜひ試してください。
現在なら9周年記念キャンペーンで、送料無料・全額返金保証の対象です。

さあ、今すぐ孫やひ孫の声を聴かせましょう!

奥深い骨伝導の世界。孫やひ孫の声をお届けしてこそ、親孝行や祖父母への最適な贈り物ではないでしょうか。

新年最初は、骨伝導イヤーマイクの威力を体感!

em20_0015.jpg


骨伝導というと、どうしても難聴者向けの補聴器代わりの機器というイメージがあります。
しかし、実際には音を聞くための骨伝導スピーカーと、音をピックアップするための骨伝導マイクの2つの要素があります。

どちらも世界トップレベルの技術を保有するメーカーはそう多くありません。
骨で聴く.com(→ 現在9周年記念キャンペーン実施中)が扱うのは、骨伝導に関するトップメーカーのテムコジャパン製品だけです。

音声信号を効率よく骨伝導振動に変換できる超小型高出力骨伝導スピーカーの開発に成功し、米軍採用・特許技術を様々な分野に応用しています。

その中で骨伝導マイクは骨から伝わってくる振動を如何に効率よくピックアップするかがその性能に大きくかかわってきます。しかしながらマイク感度が良いだけでは、骨伝導音声以外の周囲の騒音もピックアップしてしまい、骨伝導の本来の良さを発揮することができません。
そこで骨で聴く.comで扱う製品は、新開発VSCM(Vibration Sound Conversion Microphone)骨伝導マイクの開発により、マイク感度は高いが周囲の騒音は拾い難いと言う相矛盾する要求をクリアし、従来の骨伝導製品よりも更に高性能な製品になります。

無線機用ではEM20、スマホ用ではEM21が骨伝導マイクになります。

● 声帯の振動を外耳道からピックアップする「イヤーマイクロホン」 耳に装着するだけで通話ができます。

また、更にグレードアップする様々なインターフェイス群も用意しています。
このように骨伝導で「音を聴く・声をひろう」技術を最先端の通信技術に広く応用することで、さまざまなシーンで付加価値の高いコミュニケーション・ツールの開発が可能になりました。

新年を迎え、この画期的な技術をより多くの方に知ってほしいと考えています。

来年登場の一般向け骨伝導ヘッドセットはHG42

完売したブルートゥース接続の骨伝導ヘッドセットHG40ですが、ついにフルモデルチェンジして来年デビューします。HG40からHG42へと変わります。

まずデザインが決定的に異なります。
米軍製品の応用だったため、武骨なデザインでしたが、一新します。

さらに防水機能も加わります。
今まで汗が大敵でしたが、今度はその心配はありません。

さらにマイクが全く異なります。
指向性とノイズキャンセリングで、信じられないくらいの性能アップになっています。

この製品についての情報をいち早くキャッチしたい方は「骨で聴く.com」で確認してください。

現在、9周年キャンペーン実施中の骨で聴く.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。