骨伝導製品の連絡 - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

ついに登場! Bluetooth 骨伝導ヘッドセットHG42-TBT

t42_t.jpg


昨年完売した骨伝導ヘッドセットHG40SAN-TBTは、各方面から後継機種について問い合わせが多くありました。
全面リニューアルに際し、メーカー側でも旧機種ユーザーからのあらゆる意見・要望を取り入れることにし、全くゼロからの企画開発に至りました。
その結果、当初の予定をはるかに遅れて完成することになりました。
さらに性能が格段とアップしたことに伴い、手軽なブルートゥース用インカム(ヘッドセット)というカテゴリーから外れ、軍隊仕様や業務用に近づきました。価格も旧機種の2倍近くになりました。

新製品HG42-TBTの全貌が明らかになってから、特に消防関係からの問い合わせが増えました。
これはマイクを米軍等の軍隊納品仕様に近づけたことに関係しています。

・ 外部音を極端にカットする接話マイク

ノイズキャンセルで、接話型マイクというスタイルは軍隊や業務用と同じです。
さらに特許技術を駆使した世界最先端レベルの高性能骨伝導スピーカーの採用で、従来のライトユーザーには贅沢すぎる仕様になりました。

・ ブルートゥースBluetoothによるワイヤレス運用

旧モデルからブルートゥースでしたが、バージョンをアップさせました。
今回のモデルは、Ver.4.1 クラスUです。

・ 優れた日常生活防水

業務用、プロ仕様になったことで、雨や汗など水にも安心な防水対策がとられました。従来は作業者の汗には、意外と弱い部分がありましたが今回は安心です。

・ 使いやすさを追求、人間工学に基づいた設計と省エネ構造

旧モデルのHG40SAN-TBTとは全くデザインが違います。
今回は使いやすさを追求しました。人間工学に基づいた設計です。
さらに省エネ構造で運用状態によって変わりますが使用時間を最大16時間まで可能にしています。
ちなみに充電は付属チャージャーでACまたはパソコンのUSBからできます。

製品仕様
・マイク  ECMマイク:ノイズキャンセル(接話タイプ)
      周波数特性 200Hz〜8,000Hz
      マイク感度  -44dB±4dB at 1KHz(0dB=1V/Pa)
・スピーカ マグネチック (骨伝導)
      周波数特性 300Hz〜3,000Hz
      出力レベル 110dB±5dB at 1KHz(0dB=1μN/1mW)
・本体寸法 約151mmx55mmx170mm ・本体質量   約47g
・バッテリ リチウムポリマーバッテリー 3.7V 120mAh
      連続使用時間 約16h(待受14h 通話2h)
・Bluetooth Ver.4.1 クラスU
・充電方式 付属の専用チャージャー及びUSBケーブルをÙSB接続にて充電

お求めは「骨で聴く.com」で先行発売していますので、今すぐお急ぎください。

 → 米軍採用・特許技術のBluetooth 骨伝導ヘッドセット HG42-TBT

超人気製品・骨伝導サングラスの在庫について

マスコミでも多く取り上げられてきた骨伝導サングラス。
マイナーチェンジを経て、第二世代にあたるGL42という製品は相変わらずの人気を維持してきました。

しかし、

ついにメーカーの在庫がゼロとなってしまいました。
メーカーでは次の生産計画がないので、今では幻の製品となってしまいました。
骨伝導サングラスはレジャー向けに大変好評で、ブルートゥースを使うことから携帯電話との接続も容易であり、当然ながらコードがないのでスッキリとしているというメリットがありました。

これを補完する製品としては、骨伝導ヘッドセットで、なおかつブルートゥース接続という条件を満たしたものになります。サングラスは別途ご用意して頂くしかありません。

その機種は、Bluetooth対応骨伝導ヘッドセット HG40SAN-TBT

実は隠れたベストセラー製品で、クルマを運転しながらでも使えたりします。耳を塞がない利点が活かされたヘッドセットです。
骨伝導サングラスの在庫がなくなったことから、今度はこのHG40SAN-TBTに注目が集中しそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。