年末年始が近づくと骨伝導音声増幅器きくちゃんが活躍します! - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

年末年始が近づくと骨伝導音声増幅器きくちゃんが活躍します!

head_kikuc.jpg


毎年、年末年始になると帰省したり、親戚演者が集まったりします。
そのとき、高齢者で耳が遠い人がいると、そこだけ通常の声のボリュームで会話が成立しないため、どうしても阻害要因になってしまいます。

せっかく集まってくれたのに、その人たちの笑顔にふれたのに、楽しい会話ができない。
何ともフラストレーションがたまります。そのうち、諦めることになり、会話そのものが減少していきます。

それでは年末年始の楽しいひとときも、何だかみじめになってしまいます。

では、補聴器を使えば良いではないか?

視力の悪い人がメガネやコンタクトレンズを使うように、耳が悪くなれば補聴器を使う、確かに理屈ではそうです。ところがメガネのようにいかないのが補聴器でもあるのです。
まず、雑音までひろってくるので疲れてしまう。
装着が面倒くさい。
それに何より高額で、もし普段が一人暮らしなら、費用対効果が悪すぎる、、、等々。

そこで気軽に会話をしたいときだけ、必要なときだけ、気軽に使えるものが有効だということになります。
そんな都合のよい補聴器なんて、あまりに簡易的で性能に「?」がついてしまいます。

そこで活躍しているのが骨伝導音声増幅器のきくちゃんです。
もともとはこれも補聴器の扱いでした。しかし補聴器の一般的な概念とは全く異なります。
現在は医療認定を外し、逆に性能をアップさせ、オプション製品もセットになって、しかも流通価格は補聴器の時代より大幅に安くなりました。

耳を使わない骨伝導の場合、たとえ鼓膜に損傷があっても問題がありません。
しかし内耳から先の聴覚神経がだめであれば、有効とはいえません。

中程度難聴までの方であれば、個人差によりたとえ聞こえなくても返金保証のある骨で聴く.com「9周年記念キャンペーン」を利用すれば安心です。
しかも送料まで無料になっています。

年末年始までまだ余裕があるとはいえ、時間の流れは師走は早くなります。
時は金なり。

今すぐチェックしましょう!  → 骨伝導きくちゃんへGO!

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。