もうすぐクリスマス! 聖なる夜は耳だけでなく骨でも聞く! - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

もうすぐクリスマス! 聖なる夜は耳だけでなく骨でも聞く!

a06933343b35.jpg


もうすぐクリスマスです。

クリスマスはChrist(キリスト)とmas(ミサ)が語源と言われています。
起源としては、イエス・キリストの誕生を祝うための祝祭といわれていますが、実際に聖書を調べてみると、イエス・キリストの生誕の日は10月の1日もしくは2日が有力とされています。また別の説では9月15日説もあります。聖書神学的な考察だけなく、天文学者なども考察しています。
要するに確定していないということです。

ではなぜ12月25日がクリスマスなのか?

これは古代ローマが関係しています。
12月25日に古代ローマで行われていた「冬至の祭り」です。

古代ローマ帝国の時代、12月25日(冬至)にはナタリス・インウィクティと呼ばれる祭典がありました。
この祭典は、ソル・インウィクトゥス(不敗の太陽神)の誕生を祭るもので、当時の碑文には「ソル・インウィクトゥス・ミトラス」と記されています。

そういう意味か?

実はミトラスがソル・インウィクトゥスであったということで、これはキリスト教ではなく、ミトラス教にとって、太陽神ミトラスが冬至に「再び生まれる」という信仰になります。
それで冬至を祝ったわけです。短くなり続けていた昼の時間が冬至を境に長くなっていくことで、復活・再生のイメージが強く、ある意味でキリストの生誕ではなく、太陽神ミトラスの復活祭ともいえそうです。

ではなぜ現代ではキリスト教の関係するのか?
ローマ帝国でキリスト教が国教化され、キリスト教が広がる過程でミトラス信仰の祭をそのまま吸収したことで、いわば後付けによる習慣といえます。

したがって、キリスト教各宗派では厳密に誕生日としているわけではなく、あくまで「イエス・キリストの降誕を記念し祝う祭日」としていて、誕生日と認定しているわけではないことになります。

日本では宗教的なお祭りというようり、商業的な盛り上がりの要素が多く、今では経済活動になくてはならない行事になりました。
クリスマスケーキやプレゼントなど、ごく当たり前に行事です。

毎年繰り返されることなので、今年は少し今までと異なるプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか?

・おじいちゃん・おばちゃんへ
 孫やひ孫の声をプレゼント! → 骨伝導音声増幅器きくちゃん
・バイクを趣味にする方へ
 ヘルメットをスピーカーに! → バイク用骨伝導インカムBUHEL
スマホにこだわる方へ
 装着するだけでマイクにもなる! → 超高級骨伝導イヤーマイクEM21

米軍採用・特許技術という世界最高レベルの贈り物もどうでしょうか?
太陽神ミトラスでもイエス・キリストでも、おそらく驚嘆するレベルの技術が詰まった製品です。

しかも現在、「骨で聴く.com」では9周年記念キャンペーンで送料無料です。
これはお得なプレゼントになること、間違いなしです。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。