白山菊理媛神 高齢者の骨伝導巡礼 - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

白山菊理媛神 高齢者の骨伝導巡礼

日本神話では「古事記」「日本書紀」の本文には登場せず、唯一「日本書紀」の一書に出てくるだけの神ですが、石川県の白山比盗_社の主祭神・ 菊理媛神と同一神とされ、実は信仰する人が多くいます。

IMG_0614.JPG


しかし白山比盗_社は、石川県・岐阜県の県境に立つ白山の山麓に鎮座する神社で、白山を神体山として祀るのが起源です。現在でも白山の山頂・御前峰には奥宮が鎮座しています。

山麓の社殿は「白山本宮」と呼ばれ、全国に2,000社以上ある白山神社の総本社になっています。
養老2年(718年)に越前の修験僧・泰澄大師によって白山開山、主峰・御前峰に奥宮が創建され、白山妙理大権現が奉祀された、と伝わっています。
史料文献では、白山比盗_は仁寿3年(853年)10月に従三位に初叙されたと、あります。

白山比淘蜷_様を祀り、白山本宮である加賀一ノ宮となったわけですが、実は白山比盗_と菊理媛神が同一とされるようになった経緯は不明です。

IMG_0609.JPG


またこの神社の祭神について、伊奘諾尊・伊弉冉尊と伝わっていた時期もあるようで、菊理媛を白山の祭神としたのは、大江匡房(1041年-1111年)が扶桑明月集の中で書いたのが最初と言われています。

そう考えると白山比盗_社は謎の神社といえます。
それでも全国から参拝者が訪れる聖域で、ビジネス関連の商売繁盛でも人気と聞きます。

高齢化社会になって、定年退職後に各地の一宮を参拝する人も多くなりました。もちろん初詣でも賑わいます。
そんなとき、高齢者の聞こえの問題を解決するだけでなく、謎に包まれた白山比盗_社には周囲の音声を耳だけでなく骨でも聞くことをお勧めしたいと思います。脳波の状態もそうですが、霊峰・白山と神話では謎の神である菊理媛神を感じ取ることで、単なる参拝もより多く全身で受け取るエネルギーがあるような気がします。

特に付き添いでいく家族の方にそんな認識が必要です。
骨伝導音声増幅器きくちゃんをおともにすれば、初詣の喧騒の中でも、静寂で荘厳な雰囲気の中でも大いに活躍できます。
今なら9周年記念キャンペーンを実施していますので、送料無料です。

  → 今すぐチェック! 骨伝導きくちゃん

謎の神社と神様。
世界最先端技術を濃縮した高齢者用骨伝導音声増幅器。
意外な組み合わせのように思えますが、骨伝導巡礼は霊験だけでなく、往復の安全性にも寄与することでしょう。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。