9周年の年末、骨伝導ヘッドセットとともに妙正寺へ - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

9周年の年末、骨伝導ヘッドセットとともに妙正寺へ

IMG_0208.JPG


米軍採用・特許技術の骨伝導製品メーカーであるテムコジャパンの本社が、東京の杉並区にあることから、毎年すぎなみ産業フェアに出展し、区民の方に驚異的な骨伝導の性能を体験して頂いています。
そのせいか、杉並区に関連する案件が増加し、今まで縁のなかった地域にも出かけることが増えました。

その代表格ともいえるエリアが、環状八号線と早稲田通りに囲まれた地域です。
基本的に住宅街になり、JR中央線や西武新宿線からは少し距離があります。

このエリアには妙正寺公園があります。

妙正寺川の水源にもなっている妙正寺池を中心とした公園で、周囲の住民の憩いの場になっています。
この妙正寺川に支流の井草川が公園内で合流してますが、残念ながら現在は井草川は暗渠です。

IMG_0213.JPG


妙正寺池は古くから武蔵野台地の湧水池のひとつでしたが、この池のほとりに建てられたのが妙正寺です。
中山法華経寺第3世・日祐上人が堂を建てたことから誕生し、法華経の守護である天照大神・八幡大神・春日大社など三十番神を勧進し、奉ることになりました。

正保3年(1646年)に社殿を再建し、その3年後、慶安2年(1649年)には徳川3代将軍・徳川家光が鷹狩りの際に立ち寄りました。これをきっかけにして、葵の紋幕と朱印地・五石を賜り御朱印寺になったことで、江戸でも有名な寺院の一つになりました。

IMG_0209.JPG


骨で聴く.comは9周年記念キャンペーンを実施し、メーカーの地元である杉並区にも多く納品しています。
この妙正寺周辺は、高齢者向けの骨伝導体験や、老人会関連のことでここ最近、何度か訪れています。とても気持ちの良いエリアです。

送料無料・全額返金保証などを実施するキャンペーンですが、実は、こうした地域に根ざした啓蒙活動と実際の体験会は、骨で聴く.com開設当初の行動指針の一つでしたので、まさに原点回帰です。
もし、骨伝導体験会をご希望される方がいれば、実現できるかもしれません。

年末の慌しい時期ですから、手っ取り早く世界最先端の骨伝導技術を体感したい方は、9周年キャンペーンを利用してください。

 → 今すぐ米軍採用・特許技術の骨伝導製品をチェック!

慌しい世の中、静寂の妙正寺周辺でリフレッシュ。そのとき、耳だけでなく骨からも音声を聴いています。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。