9周年記念とモニター募集で、年末は骨伝導! - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

9周年記念とモニター募集で、年末は骨伝導!

IMG_0200.JPG


骨で聴く.com(http://honedekiku.com/)が、東京駅近くの八重洲オフィスでひっそりとページを開設してから9周年を迎えました。
ページ開設当初は、主に高齢者向けの骨伝導受話器「きくテル」を中心に、他では扱っていない赤外線きくちゃん、バイク用インカム「シェルショッカー」を販売していました。

シェルショッカーは現在、BUHEL D01に代わり、ブルートゥース仕様になりました。日本では独占販売することになり、協力して頂いている販売店様も増えました。

きくテルが生産終了し、続いて骨伝導サングラスGL41・42も売り切り、さらに今年はロングセラーだった一般用骨伝導ヘッドセットHG40SAN-TBTも完売しました。
いわばその都度、主力商品が完売してきました。

ただ、当初は考えていなかった業務用骨伝導ヘッドセット、骨伝導マイクは取引が増加してきました。
さらに無線機とのセット販売も可能にし、骨伝導をキーワードにして、あらゆる可能性を広げてきた感じがします。

そんな骨で聴く.comが、新たに始めたのがモニター募集です。
現在はBUHELときくちゃんを扱っています。
以前は無料で一部行っていたのですが、実際の販売価格を安くし、なおかつ冷やかしで、粗末にモニター用デモ機を扱う方を排除するため、有料とさせて頂くことになりました。
これでモニター用デモ機の品質や、貸出期間も守られ、すぐに購入できない方に、道が開けてきた気がします。業務用は現場での実証やカスタマイズがあるため、従来通りです。

またキャンペーンで送料無料や、返金保証もしています。
ぜひ、この機会を利用ください。

 → 今すぐ骨で聴く.comへ

年末の多忙の中、仕事の効率性アップに骨伝導! 家族が集まる時期に高齢者に孫の声を聞かせるために骨伝導! 実は骨伝導の用途は多くあるのです。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。