労働環境の騒音と骨伝導 - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

労働環境の騒音と骨伝導

souonn.jpg


騒音の激しい職場があります。
労働安全基準では騒音の激しい職場では耳栓などで耳を保護するように定めています。
85db以上だと該当します。

ちなみに騒音の程度の目安を以下に記します。

■120db
 ・航空機のエンジン近く
 ・騒音の激しい地下鉄の駅

■110db
 ・工場のサイレン近く

■100db
 ・列車の通過する時の高架下
 ・地下鉄車内 電車の駅

■90db
 ・器械作業場
 ・空調機械室
 ・印刷工場内

■80db
 ・交差点 国道 マーケット

■70db
 ・百貨店 騒がしい事務所

■60db
 ・レストラン 大きな商店
 ・ホテルのロビー 事務所内

■50db
 ・劇場 映画館のざわめき

■40db
 ・一般の住宅

■30db
 ・郊外 ラジオ放送スタジオ

■20db
 ・木の葉のすれあう音

■10db
 ・ささやき

実際には数多くの場所で労度安全基準の立場から耳を保護しなければならないことが分かります。
さらに問題なのは、騒音によって情報伝達、意思疎通ができないことです。
聞こえないことから、例えば緊急連絡や事故の際の避難誘導等、スムースにできません。実際にこれが原因で事故が拡大してしまったケースも数多くあります。

耳を保護するだけでなく、情報を的確に伝えることがいかに大切かがわかります。

しかし、騒音により「聞こえない」状態が当たり前になっていて、改善策を考えることさえしないことも事実です。これは見えない危険性とコストがかかっていることを理解しなければなりません。

実は簡単な解決策があるのです。

無線機と骨伝導ヘッドセットの利用です。
耳を使わない骨伝導を利用して、無線機にて情報共有をすればよいのです。

ただし騒音の度合いによっては、骨伝導機器なら何でも良いというわけではありません。
やはり性能が左右します。
米軍の爆音の中でも通話を可能にした特許技術を活かした骨伝導ヘッドセットなら安心です。
過酷な環境でも「聞こえ」を実現し、単なるヘッドセットだけでなく、防護マスク用やイヤマフ対応、咽喉マイク等々、その職場の騒音環境と使い勝手にあわせて調整できます。

労働安全基準とあわせて骨伝導ヘッドセットの導入をぜひ検討してみてください。
安全コストとしてはきわめて安くできるはずです。

 すぐにチェック! →こちらです。

労働環境の騒音対策は急務です。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。