ヘッドホン難聴と骨伝導 - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

ヘッドホン難聴と骨伝導

ヘッドホン使用の夜


 日常生活に欠かせない習慣として、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴く人はご注意ください。

 とても恐ろしいことに、難聴になりやすいということが指摘されています。昨年、日経新聞にも掲載されました。

 gooヘルスケアに分かりやすく解説されている記事を見つけました。一部を引用させて頂きます。

 ---------------------------------------------------

 音を原因とする音響性難聴の原因となる行為として、次の3つがあげられます。
(1) 大きな音を聞く。
(2) 長時間にわたって音を聞く。
(3) 周波数が高い音を聞く。
 ヘッドホンで音楽を聴く人は、この3つのリスクをすべて満たす状況になりやすいのです。

 ---------------------------------------------------

 まず(1)について指摘している点は、外出中に音楽を聴く場合、どうしても周囲の音が関係してきてしまいます。周りがうるさい場合、どうしても音量を上げてしまいます。
 その結果、大音量をごく日常的に聴いていることになり、知らないうちに耳には相当なダメージを受けていることに繋がるというのです。

 次に(2)ですが、習慣化するというだけでなく、最近の携帯音楽プレーヤーは大量記憶・充電電池の長持ちということから、1日中でも聴き続けることが可能になりました。
 これについて「これはたいへん危険なことです」としています。
 耳を休めることなく酷使を続けると耳へのダメージは定着する可能性が高くなります。これまた知らずに難聴が進行していくという事態を招きやすくなります。

 最後の(3)については、やや専門的になりますので、ここでは割愛しましょう。一言だけ触れるとすれば、スピーカーを通して聴くよりも、ヘッドホンやイヤホンの音を聴いた場合のほうが、耳は確実にダメージを受けやすくなるという…です。

 首都圏の通勤電車などではヘッドホンを使って音楽を聴く人が大勢います。首都圏在住者で、そんな姿を見たことのない人は皆無でしょう。この記事を読んでいるあなたはどうですか?

 でも、こんな日常的なことが、使い方によっては難聴になる危険を孕んでいることを知っていましたか?

 ヘッドホン等が原因でおこる難聴を「ヘッドホン難聴」と一般的にいっていますが、この怖さが伝わっていないのはどうかと考えてしまいます。

 では、解決策は?

 簡単にいえば「節度のある聴き方をすることが一番です」となります。しかし習慣化したものを変化させるのは難しいことかもしれません。

 では、より簡単な解決策は?

 これも昨年の日経新聞に出ていました。
 要するに耳を使わなければ良いのです。それで音質も変わらなければ何ら問題がありません。骨で聴くのです。

 そのためには骨伝導スピーカーでも高性能な特許技術が活かされたものが最適です。特許保有メーカーのテムコジャパンの製品です。
 耳を使わないため、ヘッドホン難聴とは無縁であり、特許技術と米軍で採用された技術は信頼にこたえてくれます。

 しかも爆音のような騒音下でも聴こえる技術ですから、音量も適度に維持できます。これは一度体感してしえば、もう虜になるかもしれません。

 こんな予防医学的な立場からも骨伝導の威力を体感してみませんか? 絶対に損はしません。

 ⇒ 製品いろいろテムコジャパン正規販売店へ

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。