なぜ米軍で骨伝導が利用されているのか - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

なぜ米軍で骨伝導が利用されているのか

骨伝導の軍事利用

 爆音のような激しい騒音下では、音を完全にシャットアウトしなければ通信することは不可能といえます。
 しかし音を遮断するために耳をふさいでしまえば、通信機器の音声も耳に届きません。

 ではどうすれば良いか?

 耳を使わなければ良いのです。

 つまりそれが骨伝導です。
 耳を使わずに通信できる特許技術の骨伝導スピーカーの採用です。この高く評価され、米軍で常識となりました。

 専用の小型スピーカーが特許となり、知る人ぞ知る日本の最新技術になりました。日本でも自衛隊、消防・警察の分野で使われています。

 この特許技術を使った製品は、今まで不可能だった爆音下の通信手段だけでなく、耳の不自由な方にも補聴器や音声増幅器として応用されました。しかし、この特許技術が活かされる前の骨伝導補聴器と同一視されてしまう方も多く、以前にフジテレビや各新聞等でも紹介された最新技術が、まだまだ体験されていないのが実情です。

 詳しくは骨伝導専門サイトへ  ⇒ 骨で聴くドットコム
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

耳で聞くのはやめなさい!
Excerpt:  耳が遠い! 騒音で聞こえない!!  !そんなときには耳で聞くのをやめなさい!   骨伝導の「きくちゃん」が耳を使わず骨で聴くこと...
Weblog: 霊験巡礼
Tracked: 2009-01-13 12:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。