ベートーベンと骨伝導 - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

ベートーベンと骨伝導

 偉大な作曲家・ベートーベンは晩年に聴覚障害となりましたが、ピアノの音を「聴き」ながら作曲を続けたといわれます。

骨伝導を使ったベートーベン


 まさに「非常識」です! 

 耳から音が入らないのに、ピアノの音を「聴いて」いたのです。単なる超人伝説だから信憑性に乏しい‥‥と思ってしまえば、ここで話は終わりです。

 しかし、聴覚障害のベートーベンが音を聴く方法が科学的に解明されていたとしたらどうでしょうか?

 実はその秘密が「骨伝導」にあったのです。

 ベートーベンが行ったことは、口にタクトをくわえ、ピアノに押しつけました。これで音が聴こえることは、科学的にも間違っていません。
 なぜなら、ピアノの音には振動があります。この振動をタクトを通して歯に伝え、歯から頭蓋骨を経て、聴覚器官まで伝えることは不可能ではないのです。

 この方法でベートーベンは音を聴き、今の時代にまで残る名曲をつくりだしていたのだと思われます。

 つまり、ベートーベンは耳を使わずに音が伝わる手段を分かっていたのでしょう。おそらく科学的ではなく、経験的なところからマスターしたのでしょうが、偉大な人物はやはり違います。

 もうお分かりでしょう。これず骨伝導なのです。

 詳細は専門サイトへ、今すぐクリック 
骨伝導専門「骨で聴くドットコム」



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。