骨伝導って何? - 骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

骨伝導って何?

 難聴の方や騒音の中で会話・通信できる技術として、骨伝導は認知されつつありますが、まだまだ一般の人には不可解なものかもしれません。
 まず試しに「You Tube」より骨伝導で会話する場面をご紹介。



 難聴の方でなければ、ごく当たり前のように会話をしたり、音楽を聴いたりしています。改めて「聞く」ということを考える機会はあまりないでしょう。
 このとき、音を聞くのは「耳」だと信じて疑わず、そう信じていたところで健聴者にとっては何の問題もないのが普通です。

 水泳などで耳に水が入ってしまい、周囲の音が聞こえなくなったという経験は誰にでもあるでしょうが、こんな時でもあまり慌てることもないでしょう。
 すぐに水を抜けば、もとに戻ることを経験的に知っているのです。耳栓をすれば音が途絶え、一時的に「聴こえない」状態になるのと同様だと思っているわけです。

このように、音や声が耳から入ってくるということは、あまりにも常識になっています。
 だからこそ、人の話し声、テレビやラジオからの音などがどうして耳に入り、「聞こえる」ようになるのかを知る必要がないのです。知らなくても「聞こえる」からです。

 だから骨伝導について改めて考える機会がないのも当然なのです。

 ⇒ 詳細は骨伝導専門サイト「骨で聴くドットコム」


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。