骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

耳に装着するだけで通話できる骨伝導イヤーマイクEM21(スマホ用)ついに登場! 

em21_001.jpg


見かけは単なるイヤホン!

しかし、これは単なるイヤホンとは大違いです。

スマートフォンに接続し、耳に装着するだけで通話できます。
口元にマイクはありません。イヤホンに見えるその本体がマイクとレシーバーを兼ねています。

無線機に接続する骨伝導イヤーマイクEM20を少し小型化し、スマホ専用接続として誕生したのです。

主要仕様 長さ:約120cm(プラグ先端からイヤーマイク先端まで)
       重量:約20g(コードクリップを含む。)
       接続プラグ:3.5φ 4極

正直いって、高価です。

米軍採用・特許技術を駆使した最先端のプロ仕様を、一般の方にも仕えるようにしたモデルです。
従って、安価なイヤホン・マイクとは全く異なります。

イヤホンやマイクなんて、数千円程度だから、もっと安くしてくれ!

そんなことを思う方には向いていません。業務用製品で、業務用価格のまま、一般向けにも販売することになったのは、その性能を維持するためです。遊びの製品ではありません。本気の製品です。
値引きを期待するような方には使って欲しくありません。

業務用でこの性能としては、どれだけ安いのか、分かる方にだけ使って頂くだけで結構です。

さあ、そんな選ばれし方だけチェックしてください。

   → 骨伝導イヤーマイクEM21

衝撃的な体験が待っています。

秋の風とともに、ツーリングとコミュニケーション・システム

7a_buhel.jpg


関東でも標高の高い山では紅葉が始まりつつあります。
寒くもなく暑くもない秋、彩られた山々を背景に豪快に走るバイクのツーリング。

秋の冷たい風も、この時期は特に気持ちよく流れていきます。
エンジンの音も鮮やかな木々の葉を掠めながら、山間に木霊していきます。

孤独な走りも、仲間たちとのツーリングも、どちらも最高の季節といえます。

そんな快適なツーリングでのコミュニケーション・ツールは何がベストでしょうか?
できればヘルメットの中には何も入れたくないでしょう。快適な走行時に違和感は似合いません。

ヘルメットそのものをスピーカーに変えれば、違和感もなく快適な状態を維持できるでしょう。

それがヘルメットを骨伝導スピーカーに変身させる画期的なシステム!
米軍採用の特許技術を駆使した世界最先端のバイク用インカム・BUHELなら、紅葉のツーリングに最適なコミュニケーション・ツールになります。

しかもモニター体験も可能だし、購入しても「全額返金保証」がついています。
これはもう、今年の紅葉ツーリングはBUHELがパートナーになること間違いなし!

   → モニター体験はこちら
   → 全額返金保証はこちら

バイクのツーリングに最適な秋。
ぜひとも世界最先端の技術とともにお出かけください。

骨で聴く.com まもなく9周年!

9999999.jpg


2006年から骨伝導機器の企画・販売を続けてきた「骨で聴く.com」が、まもなく9周年を迎えることでまたキャンペーンを行う予定です。

オープン当初は、米軍採用・特許技術だけの骨伝導製品だけを扱う、際めて稀有なサイトでした。
基本的に今でも稀有なことに変わりありませんが、ここまで続けてきたことが奇跡的とさえいえます。
しかも、オープン当初より取扱製品は少なくなっています。

当時の人気製品は骨伝導受話器「きくテル」でした。
次に誕生し、一躍人気がでたのが骨伝導サングラスGL41、GL42でした。

その一方で生産終了まで安定した人気を誇ったのが、骨伝導ヘッドセットHG40シリーズのブルートゥースでした。

しかし、その人気製品もここ2年ですべてなくなりました。

それでも「骨で聴く.com」が続けられるのは、米軍採用・特許技術の「本物」の製品だけを扱ってきたからだといえるでしょう。
しかもキャンペーンで返金保証までつけるのは、その裏付けといえるかもしれません。

先行して全額返金保証や送料無料などもあります。
逆に今こそねらい目といえるかもしれません。

  → 今すぐ米軍採用・特許技術の骨伝導製品へ

9周年を迎える世界最先端の技術をぜひ堪能してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。