骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

年末年始の運転には、米軍の秘密兵器を

hg40_imag.jpg


年末年始の帰省ラッシュも分散化の傾向が見られるというものの、クルマでの長距離移動には渋滞だけでなく様々なトラブルが待ち構えている可能性があります。
特に今年は雪の影響も大きく、事前の情報入手がいかに効果的か分かるというものです。

カーナビも情報収集能力が向上していますが、携帯電話での通話というシンプルな方法を無視するわけにはいきません。通信手段があってのものです。
ところが運転中の携帯電話の使用は道路交通法により禁止されています。
イヤホンをつけるのも駄目です。

ところが耳をふさがないのであれば法律に触れません。
そうです。
米軍の爆音下で、イヤホンやヘッドホンでは無力となった現場でも通話を可能にした方法です。
米軍では携帯電話ではなく無線機ですが、われわれでは身近な携帯電話で考えれば同じことです。

耳を使えない米軍と耳をふさがない道路交通法の違いだけです。

骨伝導ヘッドセットを使えば良いということです。
安く売っているヘッドセットでは駄目です。高級仕様の高価なヘッドセットだからといっても駄目です。
値段や高級といった尺度ではなく、骨伝導ヘッドセットという条件だけがクリアできます。

骨伝導ならば、耳ではなく頭蓋骨の振動を伝えて音声を認識しますので、耳を使いません。
従って米軍では爆音の中でも聞こえることになり、日本の道路交通法では耳をふさがないことで適法となります。

そこで、骨伝導ヘッドセットならばどんなものでも良いのか、という疑問。

確かに上記条件に当てはまれば特に問題はないことになります。
しかし米軍で実際に使われている技術だったら、なおさら安心ではないでしょうか。
しかもそれが国際的な特許技術になっているものであれば、もう選択肢はこれしかありません。

骨伝導の場合、骨で聴くだけでなく、骨の振動を相手に伝える、つまり骨伝導マイクもあります。
これは業務用のかなり高性能なものしかありませんが、実は個人の方もひそかに米軍採用の最先端技術を欲しがる方もいます。
本来、小売しなていないものをお問い合わせの方だけに、こっそりとお分けしているのも事実です。
ただし高価です。
その分、世界最先端の技術を体感できます。

まあ、それはともかく、携帯電話・スマートフォンと骨伝導ヘッドセットの組み合わせから、相当な高性能は業務用骨伝導ヘッドセット、骨伝導マイクなど、多数取り揃えていますので、年末年始の運転を経験されるかたは一度、じっくりと下記サイトをご覧ください。

   → 米軍採用・特許技術の骨伝導専門店

年末年始の運転がクルマではなく、バイクという方はヘルメットを一瞬で骨伝導スピーカーにかえる技術もあります。キャンペーン中ですので、こちらもチェック!

   → ヘルメットが米軍採用のインカムに!


コンサートでも使われる赤外線きくちゃん!

耳が不自由になってから行かなくなる場所の代表格のひとつがコンサートではないでしょうか。
難聴の方が補聴器を装着してコンサートへ行くことは珍しくありませんが、ここで問題点が発生します。

補聴器は周囲の音声を拡大させて耳へ届けます。
聴きたくない音声も同時に入ってきます。
大好きな音楽と同じように苦痛をともなうノイズも同じように耳から脳へと届くのです。

では、補聴器をつけずにコンサート会場へ、、、、

これは別の意味で危険です。
コンサート会場には喧騒が生じます。雑踏が形成された状況なのに、聴覚が弱まっているというのは大きな問題です。

理想なのは、コンサート中だけ好きな音楽だけが拡張されて聞こえることでしょう。
そんな都合の良いことって、可能だと思いますか。
しかも、その装置に大げさな準備もコストもかけないという条件がついたとしたら、、、、

実はすでにそれを実施しているコンサートがあるのです。
クラッシクのコンサートです。
会場が誰もが知る有名な場所です。

では、どうやって?

赤外線を使い、手元の受信機で音声を受け、拡張させて伝えます。
しかも耳に伝えるわけではありません。

骨です。
骨伝導により耳を使わずに脳へと音声を届けます。
しかもその骨伝導スピーカーは米軍で、爆音の中でも会話を可能にした特許技術が使われています。
そんな夢のような装置が手軽に購入できます。

それが赤外線「きくちゃん」です。
Amazonnや楽天で検索かけてみても、通常の「きくちゃん」しか見つからないかもしれませんが、実はそんな優れものがあるのです。
通常の「きくちゃん」と異なり、普通の販売店では扱っていません。

8周年を迎えた「骨で聴く.com」にあります。
しかも以前の価格の20%も割引しています。
さらに全額返金保証もあり、まさに信じられないようなキャンペーンを展開しています。

年末年始、この時期こそ秘蔵の骨伝導機器である赤外線きくちゃんに注目!

祖父母に音楽の楽しさを蘇らせてあげましょう!
孫やひ孫の声を聞かせてあげましょう!

  → 今すぐ赤外線きくちゃんをチェック!

年末年始 家族が集まる時期には骨伝導!

8top.jpg


8周年を迎えた「骨で聴く.com」ですが、年末年始に大型キャンペーンを実施しています。
この時期は家族が集まる時期です。
耳が遠くなった難聴気味の祖父母に、孫やひ孫の声をプレゼントしましょう!

老人性難聴になると、どうしても会話が困難になり、認知症への道を歩みやすくなるといわれています。
そうなる前に適度なコミュニケーションを継続的に行うことが重要です。

でも、補聴器は嫌がります。
所持していてもあまり効率的に使うとは限りません。

その解決策は必要なときに気軽に使えるという要素と、耳にイヤホンを入れるのを嫌がる傾向が強いことから、耳を使わない手法がベストといえます。
それが米軍採用の特許技術を活かした骨伝導「きくちゃん」です。

   → 骨伝導きくちゃん 全額返金保証!

難聴の方向けに開発し、最初は医療認定をとり、管理医療機の扱いでしたが、気軽に使えるヘッドホンも標準セットにし、あえて医療認定を外しました。逆に仕様に自由度ができたことから、集音マイクのパワーアップも実現できました。
ただし、あまりに高性能になったため、ハウリングに注意です。

8周年記念キャンペーンは昨年の7周年と同様に年末年始限定です。
おはやめに家族の笑顔に骨伝導の活用をお考えください。


おかげさまで8周年! 骨伝導ありがとう

neu_t011.jpg


米軍採用・特許技術の骨伝導製品だけをご紹介して8周年を迎えることとなりました。

単なる骨伝導製品ではなく、世界基準で、なおかつ特許技術を満載したモデルだけを扱ってきたのは、それだけこだわりがあったからだと思います。

でも、まだ8周年です。

骨で聴く.com(→ TOPページへ)は、まだまだこれからも走り続け、こだわり続けます。

全額返金保証キャンペーンも続けます。
大幅割引も続けます。

一般用モデルが少なくなるなか、いち早く在庫を確保している誇りもあります。
この世界基準の骨伝導技術にふれてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。