骨伝導情報館

骨伝導の最新情報から意外な活用場面を発信しています。
存続が危険な治療院

関東屈指のパワースポット・榛名神社と世界最先端の骨伝導技術

IMG_0950.JPG


群馬県にある榛名山の榛名富士から榛名湖を経て榛名神社へ至る直線は、エネルギーが流れる気脈が通じているといわれています。
榛名富士では木気を帯びたエネルギーを発し、榛名湖を経て榛名神社へ来ると、金気と交わり秀気と呼ばれるエネルギーを生じさせるともいわれます。
そのため、パワースポットとして有名な榛名神社にさらなるパワーが供給されているとのこと。

この榛名霊脈の真偽はともかく、全国的にもパワーを持った神社であることは間違いないでしょう。
特に本殿のご神体は御姿岩という巨岩の窪みにすっぽりはまっているのは、極めて珍しく、岩から地球のパワーを直接もらっている感覚もありそうです。

古来より日本人は自然崇拝によって、畏怖するとともにエネルギーも享受していた傾向があります。
また、修験道の影響から形成された境内ということもあり、それだけで確かに力強さを感じます。

そんな強力なパワーの中で、世界最先端の米軍採用。特許技術の骨伝導ヘッドセットを試してみました。
爆音の中でも通話を可能にした骨伝導スピーカーの威力と、関東屈指のパワースポットのコラボです。

耳だけでなく骨から脳へとダイレクトに伝える通信手段のせいか、その圧倒的な力強い音声の伝達方法が、まるで霊力という磁力に囲まれているかのような空間に冴えわたります。
これは体験した人でなければ分からないかもしれません。

骨伝導を使った機器というと、難聴者向けの補聴器や聴覚補助、音声増幅など、また、騒音環境でも通話を可能にするヘッドホンやイヤホン、あるいは骨伝導マイクなどが一般的です。
それでも、榛名神社では用途は別にして、ただただ、それぞれのパワーを感じるという意味で、存在感が増すような気がします。

世界最先端の骨伝導製品はこちら

ついに登場! Bluetooth 骨伝導ヘッドセットHG42-TBT

t42_t.jpg


昨年完売した骨伝導ヘッドセットHG40SAN-TBTは、各方面から後継機種について問い合わせが多くありました。
全面リニューアルに際し、メーカー側でも旧機種ユーザーからのあらゆる意見・要望を取り入れることにし、全くゼロからの企画開発に至りました。
その結果、当初の予定をはるかに遅れて完成することになりました。
さらに性能が格段とアップしたことに伴い、手軽なブルートゥース用インカム(ヘッドセット)というカテゴリーから外れ、軍隊仕様や業務用に近づきました。価格も旧機種の2倍近くになりました。

新製品HG42-TBTの全貌が明らかになってから、特に消防関係からの問い合わせが増えました。
これはマイクを米軍等の軍隊納品仕様に近づけたことに関係しています。

・ 外部音を極端にカットする接話マイク

ノイズキャンセルで、接話型マイクというスタイルは軍隊や業務用と同じです。
さらに特許技術を駆使した世界最先端レベルの高性能骨伝導スピーカーの採用で、従来のライトユーザーには贅沢すぎる仕様になりました。

・ ブルートゥースBluetoothによるワイヤレス運用

旧モデルからブルートゥースでしたが、バージョンをアップさせました。
今回のモデルは、Ver.4.1 クラスUです。

・ 優れた日常生活防水

業務用、プロ仕様になったことで、雨や汗など水にも安心な防水対策がとられました。従来は作業者の汗には、意外と弱い部分がありましたが今回は安心です。

・ 使いやすさを追求、人間工学に基づいた設計と省エネ構造

旧モデルのHG40SAN-TBTとは全くデザインが違います。
今回は使いやすさを追求しました。人間工学に基づいた設計です。
さらに省エネ構造で運用状態によって変わりますが使用時間を最大16時間まで可能にしています。
ちなみに充電は付属チャージャーでACまたはパソコンのUSBからできます。

製品仕様
・マイク  ECMマイク:ノイズキャンセル(接話タイプ)
      周波数特性 200Hz〜8,000Hz
      マイク感度  -44dB±4dB at 1KHz(0dB=1V/Pa)
・スピーカ マグネチック (骨伝導)
      周波数特性 300Hz〜3,000Hz
      出力レベル 110dB±5dB at 1KHz(0dB=1μN/1mW)
・本体寸法 約151mmx55mmx170mm ・本体質量   約47g
・バッテリ リチウムポリマーバッテリー 3.7V 120mAh
      連続使用時間 約16h(待受14h 通話2h)
・Bluetooth Ver.4.1 クラスU
・充電方式 付属の専用チャージャー及びUSBケーブルをÙSB接続にて充電

お求めは「骨で聴く.com」で先行発売していますので、今すぐお急ぎください。

 → 米軍採用・特許技術のBluetooth 骨伝導ヘッドセット HG42-TBT

骨伝導ヘッドセットHG42 リリースが遅れています

大胆なモデルチェンジでデビューするHG40の後継機種・HG42ですが、本来であればもうリリースされている頃です。ところがまだ市場に出ていないどころか、完成品を見た人もいない状態です。

細かい部分での最終改良が遅れているようで、リリース時期が遅れています。

巷にあふれるブルートゥースで接続する骨伝導ヘッドホンとは決定的に異なります。
ヘッドセットなのでマイクもあります。しかも指向性があり、ノイズキャンセル機能のため、周囲の騒音をかなり遮断できます。風切音もそうです。
防水機能で雨の日も安心です。

そして何より米軍採用・特許技術が活かされています。
世界で最も過酷な状況で使われている技術を一般向けに応用しているわけですから、同じような他社製品とは全く異なることがわかります。

性能が劣っても安ければ良い、という方には向いていません。
本物を求める方、本物が分かる方だけに使ってほしい骨伝導ヘッドセットです。

正式リリースは「骨で聴く.com」が先行して発表する予定です。
チェックしてください。

  → 骨で聴く.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。